FC2ブログ
妄想の掃き溜め、修練の場所:AC4~faを中心にSS書いています。
©1997-2008 FromSoftware.lnc.All rights reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再録(一部修正)です。
乙樽は二十代後半から三十代前半というのが頭の中にあります。
絵とか見ても脳内イメージの乙樽さんは変わらないわけですw
十八ぐらいからレイレナード所属とか考えていたんですがねー
てか、オーメルと乙樽の間には海溝があるに違いないw
あと、乙樽さんは甘党と自分の中ではそういう設定だったりします…

・乙樽x♀主(精神的に痛い話)
『Naberius Ⅱ』

 少女は腕に抱えた首輪つきケモノのぬいぐるみを優しく撫でる。
 かつての宝物であったテディベアは父親に壊されてしまった。
 それは母親が唯一与えてくれたものであったが、あまり母親を覚えていない。
――ぱぱ、いつも…おこる
 声が耳障りだと打たれる。
 少しでも声を出せばお仕置きだと熱い楔を無理やり咥えさせられたり、中を抉られた。
 純粋に痛みしかない。
 いつしか少女は声を出さないことを覚えた。
 特に男性に対しては顕著だ。
 何も言わない、言えない。
 だが、あの男は喋ることを許した。
 少女は自分の口に指を当てる。
 自然と喉が引き攣り、言葉にならない音が漏れる。
 ありがとうの言葉が出てこない。
 首輪つきケモノのぬいぐるみの布地に水滴が落ちる。
――だめな、こども…わるいこ
 父親に言われ続けた黒く穢い言葉。
 それが本当のことにしか思えない心は誰も理解できなかった。
 出血が止まらない傷を負っているようなものだ。
 ゆるゆると死んでいくしかない。

「オッツダルヴァ様、どこか気がかりなことでも?」
 水色のラインが入った高そうな茶器にストレートティーを注ぎながらリリウムは尋ねる。
「厭きた」
「え、あの…?」
 オッツダルヴァは立ち上がると、椅子にかけてあったトレンチコートに腕を通し帰る準備をする。
「時間の無駄だ。貴様らに付き合う義理も無い」
「オッツダルヴァ、一応…オーメルの代表だろうが」
 ウィン・Dの言葉にもオッツダルヴァは聞く耳を持たない。
「興味ない」
 与えられたものより、奪われたもののほうが多い。
 誰が好きこんでオーメルの肩を持つのか。
「好き勝手にやってるんだ。これからもやればいい。私には無関係だ」

 オッツダルヴァは携帯端末を弄りながら、一人、街中のカフェテラスにいる。
 あの少女にメールを送った。
 本当に何気ないどうでもいい内容。
 それでも、彼女の虚しさは微かでも和らぐはずだ。
 先のオーメルだが、無関係と言ったものの看過できないことがある。
 アスピナ機関だ。
 つい最近知ったことだが、あそこに彼女が所属していた。
 廃棄直前にセレン・ヘイズが拾ったらしい。
 オッツダルヴァには分かっていた。
 彼女が砂に埋もれ行く故宮のように、無くなるだけでしかないことを。
 鮮明に思い出す。
 あの折れそうな身体と、高めの体温。
 一人の男としてそれが胸を締め付ける。
――私は“父親”になりたいのか…それとも。
 師と仰いだある男を思い出す。
 戦績は完璧で常に戦場にあったあの英雄。
 初めて自分を認めてくれた第三者。
――ベルリオーズ、貴方ならどうしましたか?
 師であったが、父親のようでもあった。
 厳しく、優しい彼ならきっと。
「私は不器用すぎる…な」
 ミルクと砂糖がたっぷり入った最早、コーヒーと言えない物を飲み干す。
 甘すぎる味が胸に焼きつく。
 答えがうまく出せない自分にオッツダルヴァはイラついていた。
 最善を尽くすのが彼の長所であり、短所でもある。
 少女に“父親”として接するべきか、“一人の男”として接するべきか。
 それとも、ただの商品として見ればいいのか。
 心の奥に封じ込めた感情を解き放たねばならない。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学


管理者にだけ表示を許可する
http://hiinoura.blog21.fc2.com/tb.php/9-ebc52c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Wisteria all rights reserved.Template byCherish@Web.
Material by NEO HIMEISM Sanichert
プロフィール

ヨロモグー

Author:ヨロモグー
とあるブログの管理人。
復帰した理由は天より高く海より深い理由である。
とりあえずAC始めました。
活動期間は今年限定かな。

ちなみにこのブログはリンクフリーです。
↓バナーも一応あるので使いたい人はドウゾ ^^;
直リンクは禁止ですー!

banner.png

jikyujiso.b.001.gif

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。