FC2ブログ
妄想の掃き溜め、修練の場所:AC4~faを中心にSS書いています。
©1997-2008 FromSoftware.lnc.All rights reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再録と言う形になります。
これが事実上初めて投下したSSですねー
この頃はただやってるだけwww

・乙樽&セレンx♀主(ゑロ有)

『協同ミッション』

 最低限の設備しかない部屋に水音が響く。
 それに少女のものと思われる清らかな声が交じり合っていた。
 と言っても、喘ぎだが。
「子どもを孕ませる気か?オッツダルヴァ」
「ふ、ん…セレン・ヘイ、ズか…ぐっ!」
 後ろから反応を楽しみながら愛撫していたオッツダルヴァの意表をつくのには十分だった。
 少女がセレン・ヘイズという単語に反応し無意識的に胎内のオッツダルヴァの陽根を締め付けたのだ。
「や、れる…な、貴様」
 焦燥が混じりつつも、楽しそうにオッツダルヴァ。
「み、みないで…くださ、い」
 泣きそうな顔で少女はいやいやをする。
「と、言われると見たくなるな。オッツダルヴァ」
「なんだ…?」
「コレの胸と口は私にくれないか?」
 オッツダルヴァの汗ばんだ顔が不機嫌そうに歪む。
 獲物を途中から分け与えるなどあまりしたくはないらしい。
 だが、彼女は少女の飼い主だ。
 貸しを作っておいてもなんら支障はない。
「好きに…しろ」
「ああ、そうさせてもらおう」
 一連の会話を聴いていた少女は言葉を失う。
 ただでさえ無理やり男に犯されていると言うのに、敬愛する女性に乱れる姿を見てほしくないのだ。
「なに…奴は歪んではいるがお前を壊したりはしないさ」
「いや、です…いやですよぉ…!」
「よく言う。何度もイッたくせに」
 耳を軽く咬みながらオッツダルヴァが少女に囁く。
「さて、鳴いてもらうか」
 場違いなほどにセレンは笑った。

 セレンは少女の右の胸の飾りをちろりと舐めながら左手で優しく小さな膨らみをもんでいる。
 オッツダルヴァはというと、少女の陰核を弄りながら腰を何度も打ち付けていた。
 あまりの強弱の差に少女はセレンの言うとおり鳴くことしかできない。
「ぁ、に…ゃ…あああ!」
「…ッく!…」
 少女の胎内が白濁の液で満たされる。
 何度も出されてしまったため、抵抗感と言うものが薄れてしまったのか少女は熱の余韻に浸っていた。
「ふ、夢うつつとは……もっと強めのほうがいいか?」
 カリッとセレンはさっきまで舐めていたものを咬んだ。
 その反動で下腹に力を入れてしまい、オッツダルヴァの陽根を伝って愛液と精液の混ざった粘液がドロリと流れた。

「す、き…ふた、りともすき…」
 淫靡な幻想に囚われた少女がその言葉を吐いたとき、貪りあう様にして少女を陵辱していた二人は喉の奥で笑った。
「貴様とCOOPも悪くない」
「どちらかと言うとお前がリードしていたがな」
 二人はさも愉しそうに言った。
 少女は何処までも堕ちていった。
 現実が理不尽すぎて、堕ちることでしか己を守れなかったから。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学


管理者にだけ表示を許可する
http://hiinoura.blog21.fc2.com/tb.php/4-1b7d204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Wisteria all rights reserved.Template byCherish@Web.
Material by NEO HIMEISM Sanichert
プロフィール

ヨロモグー

Author:ヨロモグー
とあるブログの管理人。
復帰した理由は天より高く海より深い理由である。
とりあえずAC始めました。
活動期間は今年限定かな。

ちなみにこのブログはリンクフリーです。
↓バナーも一応あるので使いたい人はドウゾ ^^;
直リンクは禁止ですー!

banner.png

jikyujiso.b.001.gif

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。